集めるとものづくりの幅が広がる…色々な電動工具!

2018年10月26日

初めて使う電動工具はどれ

使い方が分からなければ戸惑うかもしれませんが、何度も使っているという人なら慣れたものです。電動工具をよく使うという人はDIYを趣味にしている方が多いですが、そうした方に初めて使った電動工具は何か尋ねてみると、ドリルドライバーやインパクトドライバーと答える人が圧倒的です。その理由としては、ドリルドライバーなどの電動工具の用途が幅広く使いやすいという点にあります。ドライバー系の電動工具は、ネジを締めるだけではなく、穴開けや研磨など多様性があるので、初心者にとっても最も使いやすい電動工具だと言えるでしょう。

中級クラスになると欲しくなる

DIYの腕前が上達してくると欲しいと思う電動工具も増えてきます。丸ノコがあるとハンドソーでは、不可能だった精度の高い切り出しが可能になります。ツーバイフォー材を切断するスピードも数十秒で済みますから、作業効率も一気にアップします。電動丸ノコはスライドさせるだけで一瞬に切断できるので疲れも生じません。切断部分のバリ取りには、サンダーを使用するといいです。切断面を綺麗に仕上げると組み立ても楽になります。

電動工具はまさに七つ道具

上級者になるとハンド工具だけでも物作り出来ますが、電動工具を使えば制作時間が短縮可能になるので、たくさんのイメージの実現を試みている人にとっては、まさに七つ道具だと言えます。定番のドリル型電動工具はもちろんのこと、溝切り用のトリマーやルーター、曲線切りに特化したジグソーなども揃えておけば、ものづくりの幅もグンと広がります。エクステンションホルダーやL型アダプターなどのアタッチメントも揃えておくと、電動工具をさらに多用途化することが出来ます。

電動工具の買取は自宅まで取りに来てくれることもあるので、新しい電動工具を購入する際の足しにすることも可能です。

You Might Also Like